素材提供:イラストわんパグ

San Diego (サンディエゴ市)

概要

サンディエゴ市はロサンゼルス市に次いでカリフォルニア州で2番目に人口の多い市です(Census 2010: 1,307,402人)。この地には先住民クメヤイ・インディアンが暮らしていましたが、1542年にスペインの探検家フアン・ロドリゲス・カブリロが訪れ、1769年にはカリフォルニア州で最初のキリスト教ミッションが現在のオールドタウンに開設されました。同市は経済、観光、医療など、あらゆる面でサンディエゴ郡の中心地であり、ティファナ(メキシコ)への玄関でもあり、また海軍と海兵隊の基地も置かれています。近年では日本航空(JAL)等が往復直行便を運行しているので、日本との距離も近くなっています。

ダウンタウンから北に10マイルほど行った所にある Kearny Mesa (カーニーメサ)には、日系、中華系、韓国系のスーパーマーケットやレストランが多く、東洋人の生活には便利です。パーソン不動産の事務所もここにあります。

従業員数で上位を占める主要産業には、電気通信のQualcomm、ペット用品のPETCO、医療サービスのScrippsやSharp、金融業のCalifornia Bank & Trust、SDG&Eを傘下に持つエネルギー会社のSempra Energy、製薬業のPfizer、造船業のNASSCOなどがあります。


Map data ®2014 Google

観光

ダウンタウンにあり、家族連れで楽しめるBalboa Park(ここには各種博物館、舞台芸術シアター、屋外オルガン公会堂、Japanese Friendship Gardenなど10数ヶ所のアトラクションがあります)およびSan Diego ZooシャチやイルカのショーでおなじみのSea Worldカリフォルニア州で最初に作られたアドビとミッションのあるOld Townベトナム戦争や湾岸戦争で活躍し、現在は博物館となっている航空母艦USS Midwayサンディエゴ・パドレスの本拠地Petco Park球場、1925年に開業したビーチフロントの遊園地Belmont Parkなどがあります。

交通

自動車:南北の幹線はフリーウェイ5号線、805号線、163号線、有料道路の125号線。東西にはフリーウェイ8号線、52号線、56号線が走っています。

鉄道:サンディエゴ駅(Santa Fe Depot)からは、Amtrackの「Pacific Surfliner」ロサンゼルス〜サンタバーバラ〜サンルイオビスポ路線があります。同駅からオーシャンサイド駅まで、太平洋岸沿いの各駅に停車する「Coaster」からは、海の眺めが満喫できます。また、Santa Fe Depotからは路面電車(Trolley)も3路線が運航しています。

住宅関連の情報

2010年:住宅総戸数516,033戸、一世帯当たり平均人数2.67人、平均年齢35.1歳

住宅の平均価格:2013年第4四半期現在 およそ40万ドル台の前半(エリアにより大幅に異なります)

「地域別プロフィール」に戻る